山ぶどうの籠

img_7445

山ぶどうの籠が入荷しています。

使いこむと光沢が出て、色に深みが出てしなやかに。

育てるバッグです。

img_7470

各¥25000税別

img_7472

¥32000税別

img_7471

¥38000税別

 

花園樹斎

IMG_7320

植物が入荷しました。

和の雰囲気にピッタリの観音竹と砂漠の薔薇と言われるアデニウム・アラビカム。

それにサボテンが二種です。どれも波佐見で焼かれた器に植えられています。

IMG_7321

個人的にはこのアデニウム・アラビカムの開花を楽しみにしています。

開花の前にお嫁に行くのもよしですが(笑)、

ひとまずきちんと育ててご来店お待ちしております。

【花園樹斎】

新しくお取り扱いすることになりました植物のブランド「花園樹斎」は、

かのプラントハンター西畠清順氏が見出す植物と

中川政七商店のプロデュースする工芸の出会いです。

くるめ麻

IMG_7283

久留米麻のチュニックが入荷しました。

「絣」の書き間違いでは?いえ違うのです。

久留米絣に使われるシャトル織機でゆっくりと織られた「くるめ麻」です。

柔らかくてすこし厚みのある、秋にぴったりの質感です。

IMG_7284

光の加減で表情を変える素敵な風合いです。

パイピングにはいつものリバティプリントをあしらっています。

ドロップショルダーでゆとりのあるシルエット。

IMG_7291

袖口やポケットには、また別の柄をアレンジ。楽しい趣向ですね。

秋の色がもうそろそろ着たいけれど、気温はまだまだ高い。

これからの季節にぴったりなのではないでしょうか。

KURUMI チュニック 32000円税別

 

久留米絣のストール

IMG_7189

秋冬もの最初の入荷はKURUMI(儀右ヱ門)のストール。

毎シーズン恒例になりました久留米絣をパッチワークしたものです。

今回は濃い藍色の生地を組みあわせたもの。

久留米絣らしさ溢れる仕上がりです。

IMG_7190

白いステッチが効いていてカジュアル感が強い印象ですが、

洗いこんだときの風合いの良さも楽しんでいただけると思います。

巻くと柄の変化が出てとても素敵です。

復刻てぬぐい

IMG_6564

丸久商店さんの復刻てぬぐいのお取り扱いを始めました。

以前は浴衣に用いられていた伊勢型紙を用いて、注染で染めています。

昔と現在では、浴衣の反物の巾が違います。

日本人の体格の変化に合わせて巾が広くなりました。

そのため、以前使われた型紙では染めることができないのです。

手ぬぐいで「復刻」された柄を見ると、精細でありながらあたたかみがあり、

もういちど日の目を見ることができてよかった!と思うものばかりです。

ユニークな手ぬぐいももちろん楽しいですが、

こういうきりっと引き締まる伝統柄、コレクションに加えてはいかがでしょうか?

私は以下の3点をとりあえず迎えました。

早速買って水通し。

Hiroyuki Takahashi 高橋洋行さん(@kumazawaya)が投稿した動画 –

カレンブロッソitomiスペシャル

IMG_6557

スペシャルなカレンブロッソが入荷しております。

井登美(優華壇)さんの別注商品です。

毎回数量限定なので「人と同じカレンブロッソはいやだ!」なんて方は、

ぜひお早めにごらんくださいませ。

ライトグリーンにストライプな鼻緒と、ベージュの台にフクレ織りのような素材の鼻緒。

夏着物にもぴったりの色合いですが、年間通しても履いていただけます。

曾屋神社祭

IMG_6529

先週末は、曾屋神社祭でした。

お祭りもクライマックスの日曜の夕方、宮入に向けてお店の前を通ります。

今年もお店に向けて神輿を差していただきました。ありがとうございます。

お礼をしながら目の前で見るお神輿の迫力!

IMG_6516

こちらは同じ町内のGreen Grainという素敵な雑貨屋さんのオーナー荒川さん。

丸久商店さんのローケツ染の浴衣を誂えていただきました。

長年着てきたかのようにしっくりとした着姿、格好良かったです。

江戸扇子

IMG_6429

なかなかスカッと梅雨明けとはいかないみたいですが、

気温は高く、暑さには十分気をつけなくてはいけません。

クーラーのひんやりした空気も良いですが、扇子であおいだときの

柔らかい風と良い香りもなかなかです。

今回入荷してきましたのは、男物の江戸扇子。

伝統柄の「かまわぬ」も斜めに配されるとちょっとモダナイズ。

麦の柄はなんだかちょっと可愛らしくて素敵です。

他にも男物、女物、扇子ございますので、ぜひご覧ください。

 

下駄の選びどきです。

IMG_6301

下駄が入荷しています。

アンティークの博多帯や正絹の帯締めを仕立てた鼻緒。

台は焼きのシンプルなものにしました。

IMG_6423

鼻緒も日本国内で仕立てて、挿げるのは浅草の職人さん。

挿げではき心地、けっこう変わってきます。

鼻緒の記事からこだわって作っていただきましたが、

お値段もかなり抑えて¥5,800より。お買い得です。

リニューアル

DSC00211

ただいまホームページのリニューアル作業をしております。

長期にわたっており、申し訳ございません。

もうしばらくお待ちくださいませ。